注文住宅のデメリット

すべて理想を叶えるには予算がオーバーしがち

建売とはまた違い、外壁も内装も間取りもすべて自分の希望を聞いてもらえる注文住宅は、こだわりのマイホームを建てたい人におすすめです。
けれども上手に家造りを行わなければ、こだわりが多ければ多いほど工事費用が高くなってしまいます。あれもしたい、これもしたいでは予算オーバーになってしまい、結局思うような家にならなかったという人もいるのです。
注文住宅は、理想を高く持ちすぎると予算を超えてしまいがちなので、しっかりスケジュールを組むことが大切です。また資材選びで節約するなどの方法もあるので、信頼できる業者と念入りな打ち合わせをして進めていくことがポイントと言えます。
妥協しても良い点と、ここだけは譲れないという箇所を定かにしておきましょう。

完成して住めるまでに時間がかかる

注文住宅は、土地選びや図面の設計から始まります。業者とさまざまな相談をしながら、工事を進めていく形になるでしょう。
そうすると、マイホームが出来上がるまで非常に時間がかかります。建売なら購入すればすぐに住めますが、注文住宅の場合はそうはいきません。早く引っ越しして新生活を始めたいという人は、思うように先の予定が組みにくくてイライラしてしまうかもしれませんね。
けれども、納得のいくマイホームを建てるためには焦りは禁物です。打ち合わせの時間も削るわけにはいかないのです。
注文住宅でマイホームを購入するならば、長期戦になることも覚悟しておきましょう。いつくらいに入居したいという具体的な日程があるならば、そこから逆算して余裕を持って工事を始めることが必要です。

分譲住宅とは、まとまった土地にいくつも同じ形で建てられ、それぞれ分けて販売される住宅のことです。時間や手間の惜しい方、予算を抑えたい方にオススメです。また、事前に実物を見て確認できるのも良い点です。