プランニングから着工まで

夢のマイホームは注文住宅

誰もが憧れる夢のマイホームですが、せっかくマイホームを高いお金を支払って購入する以上は、できるだけ自分の理想の形を現実として手に入れたいところです。建売の一戸建て住宅では、すでに出来上がっている家を購入するのが一般的ですから、気に入った物件が見つかったとしても、100%理想の家とはなかなかいきません。完璧な家を求めるなら注文住宅がおすすめです。注文住宅を購入する場合は、土地探しからスタートすることになります。理想的な注文住宅を建てる際、行っていくのがプランニングになります。これは施主と建築士の人で打ち合わせを行って、どんな間取りにするのか、住みやすい家にするために念入りに話し合いをもって形にしていきます。

一つ一つ細かく決めていく

プランニングが完了すれば、その次は家の中で使われるさまざまな資材について決めていきます。玄関ドアはどこのメーカーのどれにするとか、外壁はサイディングにするとか、リビングルームの床材の種類や色等、色々な部分をトータル的に決めていきます。そこまで完了すれば、あとは大工に家を建てていってもらいますが、家を建てている途中でも、変更可能な箇所は臨機応変に対応してくれるのが注文住宅の良い点です。こうしてみていくと、プランニングの段階がとても大切だということがわかります。特に間取りに関しては現在の家庭環境のことだけを考えるのではなく、将来のことを見据えた形できちんと建築士の人と相談した上で築き上げていきましょう。

建売住宅とは、土地とセットで販売される住宅のことです。土地と住宅が一緒に購入できるので、手間や時間がかからないメリットがあります。